ピルとは、経口避妊薬の事を指します。あまり知られてはおりませんが、それ以外にもメリットがたくさんありますので、そのような部分も踏まえてピルについて詳しくご紹介していきたいと思います。

避妊したい女性に人気のあるピル

生理の遅れをピルで大豆イソフラボンとの併用は注意

生理が3か月以上、遅れているという方は婦人科を受診しましょう。
生理が不順な状態が長く続くと、最悪の場合不妊症に陥ってしまう恐れがあります。
しっかりと検査をうけて、なぜ生理が遅れてしまうのかを突き止め、適切な治療を受ける事が大切です。
卵巣の機能が低下するなどして、生理不順になっている場合、ピルで治療するケースも少なくありません。
ピルといえば避妊薬としてのイメージがある薬ですが、生理不順をはじめとする女性特有の病気の治療にも処方されています。
ピルには卵胞ホルモンと黄体ホルモンという、2種類の女性ホルモンと同じ働きをするホルモン剤が含まれています。
服用すると体内の女性ホルモン量が一定になる仕組みです。
ピルを正しく服用すると、生理周期が28日と正しくなる効果を発揮します。
生理が不順、遅れがちという方はピルで治療を行ってみてはいかがでしょう。
ただ、大豆イソフラボンサプリメントとの併用には、注意する必要があります。
大豆イソフラボンは女性ホルモンのエストロゲンと、同じような作用を持つ植物性エストロゲンの1つです。
美肌やアンチエイジングといった効果が期待出来るとして、サプリメントで摂取している女性も少なくありません。
食品ですので安全性の高い成分ですが、ピルで治療を行っている場合、大豆イソフラボンの女性エストロゲン作用によって、女性ホルモンのバランスが崩れてしまう恐れがあります。
一緒に併用する事によって、生理不順の治療に支障をきたしてしまうかもしれません。
いつも、大豆イソフラボンサプリメントを飲んでいるという方が、ピルで生理不順などの治療を行う場合、必ず主治医にサプリメントを補っている事を伝えましょう。

page top