ピルとは、経口避妊薬の事を指します。あまり知られてはおりませんが、それ以外にもメリットがたくさんありますので、そのような部分も踏まえてピルについて詳しくご紹介していきたいと思います。

避妊したい女性に人気のあるピル

ピルは月経をずらす、がんのリスク減少など様々

「低用量ピル」とは、一般的に望まない妊娠を避けたいと考える際に、服用する経口避妊薬として知られています。定められた用法通りに服用することで、ほぼ100%の避妊効果が期待できるとされています。卵胞ホルモンと黄体ホルモンの2種類の女性ホルモンが配合されており、これらの作用によって、排卵を抑制する働きがあるからです。
しかし、低用量ピルは、避妊目的で使用するだけではなく、生理痛や月経不順。月経前緊張症などの婦人科系の疾患の治療にも使用されています。そのほか、卵巣のう腫や子宮外妊娠の減少、良性の乳房疾患の減少や子宮体がんのリスクの低下などにも効果が期待できます。短期服用ではなく、長期服用することで効果が期待できます。
また、ピルには様々な種類があり、避妊に失敗した際の72時間以内に服用することで着床を抑制するアフターモーニングピル、旅行や大事な会議などがある日に月経が重ならないように、ピルを服用することで生理をずらす月経移動目的のものなど、幅広い使用方法があります。
それぞれの目的に合わせて、女性ならではの煩わしさから開放されて、快適に暮らすことができることができる手助けをしてくれるのが、ピルです。
これらのピルは、産婦人科や内科などの医療機関で処方がしてもらうことが可能です。信頼できる医師にしっかりと相談して、メリット・デメリットを把握したうえで自分に合うものを服用されることをお勧めします。また、避妊目的や、生理をずらす月経移動、アフターモーニングピルなどは、保険診療対象外で、自費診療となります。医療機関によって、費用が全く異なるので、あらかじめ問い合わせをしてから、受診されることをお勧めします。

page top