ピルとは、経口避妊薬の事を指します。あまり知られてはおりませんが、それ以外にもメリットがたくさんありますので、そのような部分も踏まえてピルについて詳しくご紹介していきたいと思います。

避妊したい女性に人気のあるピル

ピルでむくみが出ても服用を続ける事ができる?

ピルは避妊薬としてはもちろん、生理不順や子宮内膜症、月経前困難症といった女性特有の病気、そして生理の日にちをコントロールするなど、女性の生活をサポートしてくれる薬です。
服用する事で排卵がストップし、避妊の効果を得られます。
また、女性ホルモンバランスを整える作用や、子宮内膜が厚くなり過ぎるのを防ぐ効果によって、女性の病気を治療する事も可能です。
服用するタイミングを変えれば、生理を早めたり遅くするといったコントロールも簡単に行えます。
今までは避妊薬としてのイメージが強く、服用に抵抗を感じる女性も多かったようです。
ですが、生理不順や整理日のコントロールなど、品薬として以外で服用する女性は年々増加しています。
以前に比べるとピルは女性にとって、身近な存在の薬となっているのです。
まずは婦人科を受診して、ピルを処方してもらえるか相談してみる事から初めてみましょう。
ただ、中には服用して「むくみ」の症状を感じる方もいるようです。
ピルはラン掘るホルモンと黄体ホルモンの量を、妊娠中と同じにする働きがあります。
妊娠するとむくみを起こしやすくなりますが、ピルを服用しても同じ様態が起こるケースがあるのです。
むくみの副作用が起こった場合、服用を続ける事は出来るのでしょうか。
副作用の症状は初めて服用した方に、起こりやすい一過性ものもと言われています。
服用を続けて体が慣れると、徐々にむくみも起こり難くなります。
最近、処方されているホルモン剤の量を抑えた低用量のものであれば、副作用自体が起こり難く安全性も高くなっています。
ただ、むくみが強く出たり続けて服用しても起こるという場合、何らかの病気が隠されているケースも考えられます。
このような時は医師に相談する事がおすすめです。

page top