ピルとは、経口避妊薬の事を指します。あまり知られてはおりませんが、それ以外にもメリットがたくさんありますので、そのような部分も踏まえてピルについて詳しくご紹介していきたいと思います。

避妊したい女性に人気のあるピル

ピルを服用する際の正しい知識を身に付けよう

女性が自分で自分の身を守る一番確実は避妊方法は、ピルです
ピルは、経口避妊薬で、避妊を目的とした飲み薬で、日本では医師による処方が必要となる自費診療となります。
毎日服用することで、ほぼ確実に避妊効果を得ることができ、女性が自ら自分の意思で避妊を選択することができる薬と言えます。
ピルの中でも、低用量ピルは、副作用を大幅に軽減した安全性の高いもので、生理痛の軽減や生理不順の改善、月経前症候群の緩和、子宮内膜症の改善など数多くのメリットを持っています。
服用のタイミングは、いつ飲むと効果的と時間帯はなく、毎日忘れずに同じ時間に飲むことが重要となります。
ピルを服用することで、妊娠した時のようなホルモン環境を作り、着床や排卵を抑制し、避妊が可能になります。
ただ、ピルも薬なので、副作用もあり、頭痛や吐き気、乳房の張り、ニキビなどの軽度なものから、乳ガンや子宮ガン血栓症などの大きな副作用が現れる場合もあります。
低用量ピルは、避妊を目的とした薬ですが、それ以外にも、生理の周期が規則正しくなったり、生理痛や月経前症候群の軽減、子宮内膜症や子宮体ガン、卵巣ガンの発症頻度の低下などの効果が期待できます。
また、そのほかにも、ニキビや多毛症の改善効果もあり、服用することで、美肌を手に入れることができるのも特徴です。
これは、ピルを飲むことで、子宮内膜があまり厚くならないうちに月経が起こるため、出血量が減り子宮の収縮も抑えられて月経痛が軽くなり、子宮内膜症になりにくくなると考えられています。
また、生理の周期が規則正しくなるため、生理不順の治療効果もあり、男性ホルモンの作用を抑えるため、ニキビや多毛症を減らす効果もあります。

ピルで鬱になるの?正しい使い方をすると大丈夫!

低用量ピルは、OCとも呼ばれ、避妊と生活改善に役立つライフデザインドラッグとも呼ばれています。
エストロゲンとプロゲステロンの2種類の女性ホルモンを含んだ薬で、正しく服用すれば、ほぼ確実に避妊効果を得ることができるとされ、女性が自分の意思で避妊できる方法です。
低用量ピルに含まれる女性ホルモンによって、排卵を抑制し、膣内の粘液を減少・粘性アップ、子宮内膜を厚くしないといった3つの働きによって、避妊効果を得ることができます。
また、低用量ピルは、ホルモンバランスを整えることで、月経が軽くなったり、月経痛・子宮内膜症・月経前症候群の改善など、女性にうれしいメリットもあります。
ピルの服用をやめれば、3~4ヶ月で妊娠が可能な体に戻ります。
低用量といっても、薬ですから、副作用のリスクはあります。
主に、吐き気やだるさ、頭痛、不正出血、むくみなどのつわりに似た症状が現れることがありますが、ほとんどが軽い症状で住むことが多く、1ヶ月ほど飲み続けるうちに、徐々に解消されていきます。
よく、ピルを服用すると不妊になる、太る、ガンになるという噂がありますが、そういった副作用はありませんから、安心して服用することができます。
現在主流となっている低用量ピルは、ホルモンの含有量がぎりぎりのラインまで抑えられているため、副作用がでにくく、手軽に服用する事ができますが、中用量や高用量のものは、より強い副作用がでる可能性が高くなります。
ピルを飲み始めると、副作用として鬱が引き起こされることがあり、倦怠感に悩まされ、集中できない状態が起きてしまうことがあります。
まだ鬱との関係については、解明されていない部分もありますが、人工的に女性ホルモンが投与されていることが関係していると考えられています。
もし、鬱症状が現れた場合には、産婦人科の医師や心療内科の医師に相談しましょう。

沢山種類がある中で、あなたに合ったピルとは?

ピルには、さまざまな種類があり、タイプ別に自分にあったピルを見つけることができます。
避妊の必要の有無や、月経痛などの症状の有無などによってピルの使い方は変わってきます。
もし、避妊の必要があって、生理痛がある場合には、鎮痛剤を併用することで症状を緩和させることができます。
避妊の必要があって、生理不順という場合には、ピルを飲むことで、ホルモンバランスを整え、サプリメント感覚で服用することで、生理不順が解消されます。
避妊の必要がなく、月経量が多い場合には、ピルと鉄分を摂取し、月経前症候群の症状がある場合には、ピルと抗不安剤、ニキビや多毛で悩んでいる人は、ピルとビタミン剤を摂取することで、改善されます。
正しく服用することで、ほぼ100パーセントの避妊効果を得ることができるだけでなく、女性特有の症状を改善出来るため、日本では避妊薬としてよりも、子宮内膜症や月経困難症などの治療薬として使用されることが多いのが現状です。
ピルを飲むことで、子宮内膜が厚くならないうちに、月経を起こすことができるため、出血量が減り、子宮収縮も抑えられて月経痛が軽くなり、子宮内膜症になりにくくなったり、生理の周期が規則正しく28日周期になるため、生理不順への治療効果も期待できます。
ただ、メリットが多い反面、薬なのでデメリットもあります。
太ったり、副作用が怖いという先入観から敬遠されがちですが、欧米では多くの女性が避妊をコントロール出来る方法として、広く認知されています。
ただ、体がなれるまでは、めまいやむくみ、吐き気などの症状がでる場合があります。軽度な副作用は、1ヶ月ほど服用することで解消されていきますが、血栓症などのリスクもあるため、注意が必要です。

page top